競馬情報
  
 
2002年3回中山8日( 10月 27日) 11R
第126回 天皇賞(秋)(GI)
27日の天気予報:
サラ系3歳以上
2000m 芝・右
牝・牡(指) オープン
定量
本賞金:13200、 5300、 3300、 2000、 1320万円
発走15:40
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(父) ナリタトップロード
牡 6
58.0
四位洋文
沖芳夫
 
1
2
アグネスフライト
牡 5
58.0
勝浦正樹
長浜博之
 
 
 
 
 
2
3
トラストファイヤー
牡 4
58.0
江田照男
河野通文
×
 
 
 
 
2
4
アラタマインディ
牡 5
58.0
飯田祐史
新川恵
×
 
 
 
 
3
5
(市) テンザンセイザ
牡 4
58.0
田中勝春
藤原英昭
 
 
 
 
 
3
6
(外) エイシンプレストン
牡 5
58.0
福永祐一
北橋修二
 
 
 
4
7
(父) ツルマルボーイ
牡 4
58.0
河内洋
橋口弘次郎
 
 
4
8
(外) シンボリクリスエス
牡 3
58.0
岡部幸雄
藤沢和雄
 
 
 
5
9
ブレイクタイム
牡 5
58.0
松永幹夫
山本正司
 
×
×
×
5
10
テイエムオーシャン
牝 4
58.0
本田優
西浦勝一
 
 
6
11
イブキガバメント
牡 6
58.0
横山典弘
橋口弘次郎
 
 
 
 
 
6
12
ゴーステディ
牡 5
58.0
吉田豊
大久保洋吉
 
 
 
 
 
7
13
トーホウシデン
牡 5
58.0
O.ペリエ
田中清隆
 
 
 
 
 
7
14
エアシャカール
牡 5
58.0
武豊
森秀行
 
 
 
7
15
アグネススペシャル
牡 5
58.0
蛯名正義
小島太
 
 
 
 
 
8
16
(市) ダンツフレーム
牡 4
58.0
藤田伸二
山内研二
 
 
 
 
8
17
サンライズペガサス
牡 4
58.0
柴田善臣
石坂正
 
 
 
8
18
ロサード
牡 6
58.0
後藤浩輝
橋口弘次郎
 
 
 
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度43戦8勝
回収率57%
最高配当額:3,800円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「ベッカムだっ、おりゃっっ!!!!」と言ってる。
FK蹴る夢?
 
本年度39戦6勝
回収率62%
最高配当額:3,530円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度30戦6勝
回収率71%
最高配当額:3,060円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度38戦9勝
回収率90%
最高配当額:5,910円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度30戦7勝
回収率55%
最高配当額:2,440円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想
こんばんわ、松です。
今週は天皇賞ということですが、難解です、、、、今週はこれでずっと悩んでいます。
仕事そっちのけで(笑)。

面子そろい過ぎ、展開読めなさ過ぎ、フルゲート頭数多過ぎ、、、
でもまあ悩み多きは楽しいことの裏返し。
激戦必至のレースでもあるしゴールするまで楽しみはつきませんね。

さて本命ですが、武豊騎乗エアシャカール!!!でいきます。
休み明けは確かに控えたい要素ではありますが、
なんてったって鞍上は武豊です!先週の失態をそのままにしておくはずがないッス!
中山は得意なコースですし、2000mも得意。
後入れのきく偶数の外枠も好材料、思いきって勝負です!

対抗にはエイシンプレストン。
前走毎日王冠ではマグナーテンを捕まえきれずに2着でしたが、
休み明けで前残りの展開の中では内容のある競馬でした。
2走目の今回で同様の走りができれば十分勝ち負けもあると思います。

あとは河内ツルマルボーイ、最内枠が微妙なナリタトップロード、
隠れ中山巧者トラストファイヤー、まる松大好きアラタマインディまで。
手広く狙います。
 
ウンスカ姐さんの鬼門の後藤5頭箱

トップロードが走る限り、単勝馬券で心中する!じゃ予想にならない、か。
というわけで、対抗はこちらも勝たせたい、河内さんにはぜひとも勝ってほしいツルマルボーイ。
あとは当日の4番人気馬を要チェックすべし。
1〜3番人気よりも連軸としては信頼できる。
そんなことより、私の財布を拾って猫ババしたあなた、金も財布もやるから
バトルフィールドの馬券のコピーだけは返してくれ!!頼むよ〜(泣)。


第126回 天皇賞(秋)(GI)
着順
馬番
馬名
TIME
1
8
シンボリクリスエス
1:58.5
2
1
ナリタトップロード
3/4馬身
3
17
サンライズペガサス
クビ
 
単勝
8
650円
複勝
8
200円
  
1
190円
  
17
200円
馬単
8-1
4,020円
三連複
1-8-17
5,640円
枠連
1-4
1,000円
馬連
8-1
4,020円
ワイド
1-8
700円
  
8-17
1,040円
  
1-17
910円
  
   
  
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
tapスタッフ的中なし・・・
3歳馬シンボリクリスエスが大激戦を制し、6年ぶり3頭目の3歳馬による優勝を飾りました。
道中は好位で追走、直線では馬群を見事に捌いて力強く伸びて快勝。
勝ちタイムの1分58秒5はコースレコードタイ、
また鞍上の岡部幸雄騎手は53歳11カ月で最年長G1優勝記録を更新しています。

厳しい調教をこなしてなお+8kgの馬体重、530kgの馬体はパドックでは実に雄大に映りました。
発走直前の大歓声でも全く入れ込むことなく、抜群の好スタート。
最後の直線走路でも先行集団の馬群の後ろでじっくりと耐え、 僅かに開いた隙間を突き抜けるという精神面での強さも際立ちました。
馬の適性と種馬としての将来を考え、 3000mの菊花賞より2000mの天皇賞を選択した 陣営の決断は見事に結実したと言えます。

3/4馬身差の2着にはナリタトップロードが入線。
悲願の盾制覇を目指してきたのですが、当たった枠は不利な最内1枠1番。
跳びが大きいためにスタートでダッシュがつかず、やはり馬群に包まれる展開に。
それでも4コーナーでなんとか外へ持ち出されると末脚炸裂、 ぐいぐい差を詰めて早めに抜け出したサンライズペガサスを捕らえます
。 が、反撃もここまで。ソツなく不利なく立ち回ったシンボリには届きませんでした。
3着には意外な積極策で直線早々と先頭にたったサンライズペガサスが粘り込み。
1番人気に押されていた直線半ばで大きく失速、13着に敗れています。

@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。