競馬情報
  
 
2002年4回京都6日( 10月 20日) 11R
第63回 菊花賞(GI)
20日の天気予報:
サラ系3歳
3000m 芝・右 外
牝・牡(指) オープン
定量
本賞金:11200、 4500、 2800、 1700、 1120万円
発走15:40
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(父)(市) ナムラサンクス
牡 3
57.0
橋本美純
松永善晴
 
 
 
 
 
1
2
(父)(市) ヒシミラクル
牡 3
57.0
角田晃一
佐山優
 
 
 
 
2
3
アドマイヤドン
牡 3
57.0
藤田伸二
松田博資
 
 
 
 
2
4
(父) ダイタクフラッグ
牡 3
57.0
太宰啓介
鹿戸明
 
 
 
 
 
3
5
キーボランチ
牡 3
57.0
熊沢重文
宮徹
 
 
 
 
 
3
6
ノーリーズン
牡 3
57.0
武豊
池江泰郎
4
7
(父) ファストタテヤマ
牡 3
57.0
安田康彦
安田伊佐夫
 
 
 
 
 
4
8
(外) ダンツシェイク
牡 3
57.0
河内洋
山内研二
×
 
 
 
5
9
レニングラード
牡 3
57.0
池添謙一
音無秀孝
 
 
5
10
(地) ヤマノブリザード
牡 3
57.0
柴田善臣
藤沢和雄
 
 
 
 
6
11
(市) タイガーカフェ
牡 3
57.0
蛯名正義
小島太
 
 
 
 
 
6
12
ローエングリン
牡 3
57.0
岡部幸雄
伊藤正徳
 
 
 
7
13
(父) バンブーユベントス
牡 3
57.0
幸英明
田島良保
 
 
 
 
 
7
14
(父)(市) メガスターダム
牡 3
57.0
松永幹夫
山本正司
 
 
×
 
7
15
(父) シンデレラボーイ
牡 3
57.0
福永祐一
中竹和也
 
 
 
×
 
8
16
(父)(市) バランスオブゲーム
牡 3
57.0
田中勝春
宗像義忠
 
 
 
 
8
17
マイネルアムンゼン
牡 3
57.0
嘉藤貴行
田中清隆
×
 
 
 
8
18
(市) アドマイヤマックス
牡 3
57.0
後藤浩輝
橋田満
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度42戦8勝
回収率59%
最高配当額:3,800円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「ベッカムだっ、おりゃっっ!!!!」と言ってる。
FK蹴る夢?
 
本年度38戦6勝
回収率64%
最高配当額:3,530円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度29戦6勝
回収率74%
最高配当額:3,060円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度37戦9勝
回収率93%
最高配当額:5,910円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度29戦7勝
回収率56%
最高配当額:2,440円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想

皆さんお久しぶり、松です。
まる3週間秋田での刑期(?)を終え帰って来ました。
今後もあいも変わらぬやっつけ予想で参りたいと思います。

今週は菊花賞ですね。
前走で見所十分だったアドマイヤマックスを本命視します。
理由はそのまま前走ですね。
休み明けに加えて、直線走路で前をカットされる不利がありながらも
見所を作っての2着は立派なものだと思います。
大外枠は微妙ですが・・・・。

相手筆頭はレニングラード。
前走は他馬に不利を与えて降着処分を受けましたが、
持ってる素質の高さが窺える内容ではあったと思います。
あとは武豊騎乗ノーリーズン、
若手有望株の嘉藤騎乗マイネルアムンゼン、
河内騎乗ダンツシェイクまで。
 
 
ウンスカ姐さんの鬼門の後藤5頭箱

前走G前、脚が上がって見えたノーリーズン、鬼門の後藤・アドマイヤマックスは SS×ノーザンは...のジンクスも気になる。
そこで、メガ。

データ的にも大きなマイナスはないし、実はステイヤーの血も流れているらしい。
2桁着順からの巻き返しはないとか、3000mのトニービン産駒は消しとか、 余計なことは考えず、好きな馬たちと3分ちょいを楽しみます。ただ雨が心配。
気配とオッズを見て3連複では10番、13番、17番、18番もあり。


第63回 菊花賞(GI)
着順
馬番
馬名
TIME
1
2
ヒシミラクル
3:05.9
2
7
ファストタテヤマ
ハナ
3
14
メガスターダム
1/2馬身
 
単勝
2
3,660円
複勝
2
880円
  
7
2,250円
  
14
330円
馬単
2-7
182,540円
三連複
2-7-14
344,630円
枠連
1-4
8,390円
馬連
2-7
96,070円
ワイド
2-7
20,170円
  
2-14
3,680円
  
7-14
12,170円
  
   
  
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
tapスタッフ的中なし・・・
武豊デー、まさにそんな日でした。
菊花賞までの10Rのうち9鞍に騎乗し、なんと全てに連対!!
とんでもない大記録を打ちたて、勇躍菊花賞へ。

その武豊騎乗で単勝1番人気に推されたのが皐月賞馬ノーリーズン。
ところがスタート直後に飛び上がってまさかの落馬、場内騒然。
懸命に再騎乗しようとするも放馬して外ラチ沿いを逸走して競争中止。

大きなどよめきの中、レースを引っ張ったのはローエングリンとシンデレラボーイ。
ところが向こう正面で先行していたダイタクフラッグが大きく失速、
続いて3〜4コーナーにかけて先頭集団6、7頭が一気に失速。
「なんじゃこりゃ!」というムードの中、全馬一丸となって直線へ。

直線まず抜け出たのがメガスターダム、ところが道悪を苦にして意外に伸びず。
ここで後方待機から淀の下りを一気にマクり上げてきたヒシミラクルが先頭へ。
さらに後方から鬼脚炸裂で追い込んできた
「隠れ京都巧者」ファストタテヤマを鼻差抑えて辛くも優勝。

ヒシミラクルは単勝10番人気、2着のファストタテヤマは16番人気で、
この2頭の馬連配当はクラシック史上最高となる96,070円の大波乱。
3着のメガスターダムを入れた3連複はなんと344,630円!!
とんでもない乱菊決着です。

@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。