競馬情報
  
 
2002年4回京都2日( 10月 6日) 11R
第37回 京都大賞典(GII)
6日の天気予報:
サラ系3歳以上
2400m 芝・右 外
(混)(指) オープン
別定
本賞金:6400、 2600、 1600、 960、 640万円
発走15:45
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(父) ナリタトップロード
牡 6
59.0
四位洋文
沖芳夫
2
2
(市) テンザンセイザ
牡 4
58.0
幸英明
藤原英昭
×
 
 
 
 
3
3
アラタマインディ
牡 5
57.0
飯田祐史
新川恵
 
 
 
4
4
(父) ツルマルボーイ
牡 4
58.0
河内洋
橋口弘次郎
 
5
5
(外) タップダンスシチー
牡 5
57.0
佐藤哲三
佐々木晶三
 
 
 
6
6
ヤマニンリスペクト
牡 5
57.0
横山賀一
浅見秀一
 
 
 
 
7
7
B (抽) ホットシークレット
せん6
58.0
小牧太
後藤由之
 
 
 
 
8
8
スエヒロコマンダー
牡 7
58.0
武幸四郎
松元茂樹
 
 
×
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度40戦8勝
回収率62%
最高配当額:3,800円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「ベッカムだっ、おりゃっっ!!!!」と言ってる。
FK蹴る夢?
 
本年度36戦6勝
回収率68%
最高配当額:3,530円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度27戦5勝
回収率74%
最高配当額:3,060円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度35戦8勝
回収率81%
最高配当額:5,910円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度27戦6勝
回収率56%
最高配当額:2,440円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想

一点勝負とカッコつけても人気サイドだから・・・(おがQ氏談)

 
 
ウンスカ姐さんの鬼門の後藤5頭箱

愛するトップロードが走る限り、彼の単勝しか買わない!つもりだったけど、
今回はツルマルボーイを対抗に指名。なんたって鞍上は河内さん。
調教師試験の制度が変わると知ってから、覚悟はしていたけれど、
引退のニュースはやっぱり悲しい。。

ぜひとも勝ちたいのは秋天でしょうが、もう配当やら回収率なんて関係なく、
この2頭の馬単フしかないレース。
毎日王冠の軸は、これまた応援馬のダンツくん。頼むぜ藤田!


第37回 京都大賞典(GII)
着順
馬番
馬名
TIME
1
1
ナリタトップロード
2:23.6
2
4
ツルマルボーイ
2 1/2馬身
3
5
タップダンスシチー
ハナ
 
単勝
1
170円
複勝
1
100円
  
4
110円
  
5
130円
馬単
1-4
200円
三連複
1-4-5
340円
枠連
1-4
200円
馬連
---
---
ワイド
---
---
  
---
---
  
---
---
  
   
  
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
まる松さん、○−◎−△三連複340円的中!
たかQさん、◎−○−△三連複340円的中!
オガQさん、◎−○馬単310円的中!!
ウンスカ姐さん、◎−○馬単310円的中!!
単勝1・7倍の断然人気のナリタトップロードが優勝、
四位騎手と初コンビで臨んだ秋初戦を見事に制しました。

スエヒロコマンダーがハナに立ち、緩みのない平均ペースの展開。
トップロードは中団後方待機から3角過ぎて徐々に進出するいつものロングスパート。
直線入り口で先頭を捕らえると、楽々抜け出してあとは離す一方でした。
勝ちタイムは2分23秒6、2着に2馬身半差をつける強い勝ち方、
悲願の天皇賞制覇に向けて最高のスタートを切りました。

2着には不利を受けながらも鋭く追い込んだツルマルボーイ、
3着には内ラチ沿いをしぶとく粘りこんだタップダンスシチーが
それぞれ入線しています。

@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。