競馬情報
  
 
2002年4回阪神4日( 9月 15日) 11R
第20回 関西テレビ放送賞ローズステークス(GIII)
15日の天気予報:
サラ系3歳
2000m 芝・右
(混)牝(指) オープン
定量
本賞金:5200、 2100、 1300、 780、 520万円
発走15:45
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(父) メジロベネット
牝 3
54.0
吉田豊
大久保洋吉
 
 
 
 
 
1
2
トリプレックス
牝 3
54.0
武幸四郎
角居勝彦
 
2
3
マイネミモーゼ
牝 3
54.0
熊沢重文
堀井雅広
×
 
 
2
4
(父)(市) ニシオノーブル
牝 3
54.0
芹沢純一
鹿戸明
 
 
 
 
 
3
5
[地] バハムート
牝 3
54.0
安藤勝己
加藤健
 
×
 
 
 
3
6
(外) ファインモーション
牝 3
54.0
松永幹夫
伊藤雄二
4
7
(父)(市) ツルマルグラマー
牝 3
54.0
小牧太
橋口弘次郎
 
 
 
 
 
4
8
(父)(抽) ユウキャラット
牝 3
54.0
池添謙一
鮫島一歩
 
 
5
9
(市) シュテルンプレスト
牝 3
54.0
飯田祐史
坪憲章
 
 
 
 
 
5
10
トシザダンサー
牝 3
54.0
福永祐一
音無秀孝
 
 
 
 
6
11
(父)(市) カネトシディザイア
牝 3
54.0
河内洋
田中章博
 
 
 
 
 
6
12
B (抽) タムロチェリー
牝 3
54.0
和田竜二
西園正都
 
 
 
 
 
7
13
サクラヴィクトリア
牝 3
54.0
佐藤哲三
伊藤圭三
 
 
 
7
14
ビーポジティブ
牝 3
54.0
中舘英二
池江泰郎
 
8
15
(地) アローキャリー
牝 3
54.0
四位洋文
山内研二
 
 
 
×
 
8
16
(父) ブルーリッジリバー
牝 3
54.0
秋山真一郎
小島太
 
 
×
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度37戦6勝
回収率61%
最高配当額:3,800円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「ベッカムだっ、おりゃっっ!!!!」と言ってる。
FK蹴る夢?
 
本年度33戦6勝
回収率74%
最高配当額:3,530円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度24戦4勝
回収率80%
最高配当額:3,060円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度32戦6勝
回収率78%
最高配当額:5,910円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度24戦4勝
回収率51%
最高配当額:2,440円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想

おそようさん、松です。

ただ今(深夜0時前)イギリスはプレミアリ−グ観戦中、フルハム戦です。
ちなみに我が稲本は2戦連続ゴール!!
わたくし松さん大興奮中でございます。
さてさて、夜も遅いですから予想はサクッといきましょう。

本命はファインモーション。
これはしょうがないです。だって突き抜けてますから、力が。
血統的背景もさながら、馬の個体のレベルがまったく違ってますよね。
これで成長途上なんですから穴党は閉口するのみです。
牝馬だけに意外なポカもありそうですが、まず順当と判断します。

相手筆頭はトリプレックス。
小倉で頭角を現してきた上がり馬ですが、個人的には阪神向きな印象をもってます。
続いてビーポジティブ。本来なら◎を打ちたかったんですけど、
外枠に入っちゃったからちょっと割り引きました。
あとはユウキャラット、マイネミモーゼまで。

ちなみにただ今後半10分、稲本の絶好のパスからフルハム2点目。
これで稲本1ゴール1アシスト!!こりゃスッゴイ!!!
今日はプレミアリーグ速報付きでお送りしました。


 
 
ウンスカ姐さんの鬼門の後藤5頭箱

ラクに勝ちすぎている点だけが心配なファインモーション。
でも、馬っぷりも調教の動きも抜群!まさか連は外さないよね、幹夫。
休養明け組からは、距離適性を考えてユウキャラを対抗に。
難しかったのは▲以下の取捨選択。
追っかけ馬のタムロチェリーがやっと外目の枠を引いたけど、今回は上り馬&関東組から3頭をチョイス。
10番トシザダンサーも、当日の気配&人気次第で買い足し候補。


第20回 関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)
着順
馬番
馬名
TIME
1
6
ファインモーション
2:00.1
2
13
サクラヴィクトリア
3馬身
3
10
トシザダンサー
2馬身
 
単勝
6
120円
複勝
6
110円
  
13
210円
  
10
320円
馬単
6-13
780円
三連複
6-10-13
3,060円
枠連
3-7
390円
馬連
6-13
700円
ワイド
6-13
330円
  
6-10
500円
  
10-13
780円
  
   
  
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
たかQさん、◎−○−△、3連複3,060円的中!
ウンスカカ姐さん、◎−△馬連700円的中!
これはトンでもない馬の出現です。
単勝1.2倍の圧倒的支持を受けたファインモーションが評判に違わぬ圧勝劇でなんなく初重賞制覇。
ケタ違いの能力を見せつけました。

直線を向いても松永幹夫の手綱はほとんど動きませんでした。
にも関わらず、前を行くビーポジティブ、ユウキャラットを捕らえるとあとは引き離す一方。
まさに”超”大物的勝ち方でした。
特筆すべきは1〜2コーナー。
スタート直後の他馬との接触の影響で掛かり気味に1コーナーへ進入。
ところが向こう正面に入る時には4番手の絶好位でキッチリ折り合っていました。
阿寒湖特別で折り合いを欠いたことが取り沙汰されていただけに、成長力、精神力ともに”超”一流を垣間見た気がします。

この勝利でファインモーションは4戦4勝。
圧勝につぐ圧勝で2着につけた着差は合計17馬身。
続くGT秋華賞では圧倒的1番人気が予想されますが、無事でさえあれば間違いないでしょうね。

おっと忘れてました、2着は鋭く追い込んだサクラヴィクトリア、
3着は粘りこんだトシザダンサーがそれぞれ入線しています。

@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。