競馬情報
  
 
2002年2回新潟6日( 7月 28日) 11R
第37回 関屋記念(GV)
28日の天気予報:
サラ系3歳以上
1600m 芝・左 外
(混)(特指) オープン
別定
本賞金:4300、 1700、 1100、 650、 430万円
発走15:35
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
アグネススペシャル
牡 5
56.0
蛯名正義
小島太
 
 
2
2
サイレントセイバー
牡 7
56.0
高山太郎
佐藤全弘
 
 
 
 
3
3
(父) トウショウリープ
牡 5
56.0
吉田豊
大久保洋吉
×
 
 
 
 
3
4
(市) ビッグフリート
牡 4
56.0
安藤勝己
白井寿昭
 
4
5
(父)(市) ウインブレイズ
牡 5
56.0
田中勝春
宗像義忠
 
4
6
ダイワジアン
牡 6
56.0
村田一誠
上原博之
 
 
 
 
 
5
7
Bミデオンビット
牡 5
56.0
柴田善臣
河野通文
 
 
 
 
5
8
(外) マグナーテン
せん6
56.0
岡部幸雄
藤沢和雄
6
9
(父) ツジノワンダー
牡 6
56.0
四位洋文
清水美波
×
×
6
10
(父) トウショウアンドレ
牡 6
56.0
和田竜二
渡辺栄
 
 
 
 
 
7
11
タイキブライドル
牡 7
56.0
北村宏司
伊藤正徳
 
 
 
×
 
7
12
トウショウノア
牡 7
56.0
橋本広喜
渡辺栄
 
 
 
 
 
8
13
(父) キクカグロリアス
牝 6
54.0
大西直宏
石毛善彦
 
 
 
 
 
8
14
バイラリーナ
牝 5
54.0
小林淳一
後藤由之
 
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度30戦4勝
回収率27%
最高配当額:2,480円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「ベッカムだっ、おりゃっっ!!!!」と言ってる。
FK蹴る夢?
 
本年度26戦6勝
回収率95%
最高配当額:3,530円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度17戦3勝
回収率68%
最高配当額:2,480円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度25戦4勝
回収率28%
最高配当額:1,140円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度17戦2勝
回収率44%
最高配当額:2,440円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想

こんばんわ、です。
なににつけても高配ゲット!で旗揚げしたローカル戦線も
いよいよ中盤戦にさしかかってきました。
しかししかし、的中したのは小倉開幕週の北九州記念の馬連2480円のみ。
これでは高配ゲットもただのホラに聞こえます(泣)。

ところが今週の関屋記念は・・・なにげに穴党の血が騒いでます(笑)。
といのも1番人気はまず間違いなくマグナーテン、しかも1本かぶりでしょう。
前走の勝ち方が圧巻、さらに調子は上向き、メンバー手薄ときてますしね。
しかし、これがなかなかどうして危ない1番人気だと思うんです。
だって勝つときは強いけど負けるときはあっけない馬ですからね。

・・・・理由はそれだけ。

とにかく上がり馬で勝負だと思い込んでるわけです、
しかも前走マグナーテンに負けた組で(笑)。

というわけで、そんな松さんの本命ツジノワンダー
夏に入って調子よくない?的な内容だった前走が非常に好感触。
そして追い切りでもその好調を裏付けるようなキレのある動きを披露。
勝負しよう!マック産駒だしという気になりました(笑)。
相手筆頭はウインブレイズ。マグナーテンはあくまで3連複狙いのおさえです。
あとはビッグフリート、バイラリーナ、トウショウリープまで。
前走出負けしていいところなく敗れたトウショウリープには
かなり密かな期待をしてます(笑)。
 
 
ウンスカ姐さんの鬼門の後藤5頭箱

1600の持ち時計、コースの相性、暑さに強そう、なぜか気になる...など、
猛暑と睡眠不足で溶けそうな頭にひっかかったのが、この6頭。
◎は御大よりアンカツに、勝つながりで▲は(バ)カッチーに。
函館UHB杯は今度こそのサダムと心中。
小倉メインはラムセスロード&トニービン産駒の2頭が応援馬券。
 
第37回 関屋記念(GV)
着順
馬番
馬名
TIME
1
8
マグナーテン
1:31.8
2
7
ミデオンビット
1 1/4馬身
3
4
ビッグフリート
1 1/2馬身
 
単勝
8
190円
複勝
8
130円
  
7
840円
  
4
200円
馬単
8-7
4,600円
三連複
4-7-8
6,810円
枠連
5-5
3,630円
馬連
7-8
3,530円
ワイド
7-8
1,290円
  
4-8
320円
  
4-7
2,480円
  
   
  
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
ダイス氏、馬連3,530円的中!!
単勝1番人気のマグナーテンが 歴然とスピードの差を見せつけ優勝、関屋記念連覇です。
先手をとると予想されていたトウショウリープが控え、 代わって好発したミデオンビットが逃げる展開。 3番手追走から4角で早々とミデオンビットに並びかけるとあとは悠々と競り勝ち。 勝ちタイムの1分31秒8は昨年と同タイム。 まさにそのスピードに陰りなしといった勝ち方でした。
2着には9番人気の逃げたミデオンビットが粘り込み、 馬連3,530円となかなかの配当。 3着は中団待機から直線しぶとく追い込んだビッグフリートが入線しています。
@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。