競馬情報
  
 
2002年3回京都4日(4月28日) 11R
第125回 天皇賞(春)(GI)
28日の天気予報:
サラ系4歳以上
3200m 芝・右 外
牡・牝(指) オープン
定量
本賞金:13200、 5300、 3300、 2000、 1320万円
発走15:40
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
トシザブイ
牡 6
58.0
池添謙一
音無秀孝
 
 
 
 
 
2
2
ボーンキング
牡 4
58.0
M.デムーロ
松田国英
 
 
 
3
3
(父)(市) ホワイトハピネス
牡 5
58.0
小原義之
小原伊佐美
 
 
 
 
4
4
マンハッタンカフェ
牡 4
58.0
蛯名正義
小島太
 
 
5
5
(父) ナリタトップロード
牡 6
58.0
渡辺薫彦
沖芳夫
6
6
アクティブバイオ
牡 5
58.0
四位洋文
崎山博樹
 
 
 
 
 
6
7
ジャングルポケット
牡 4
58.0
武豊
渡辺栄
 
 
7
8
(外) キングザファクト
牡 5
58.0
後藤浩輝
谷潔
 
 
 
 
 
7
9
サンライズペガサス
牡 4
58.0
安藤勝己
石坂正
 
 
 
×
 
8
10
エリモブライアン
牡 5
58.0
藤田伸二
清水出美
 
 
 
 
8
11
アドマイヤロード
牡 4
58.0
須貝尚介
橋田満
 
 
 
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度17戦3勝
回収率14%
最高配当額:780円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「オーウェン速っ、速いっ!!!!」と言ってる。
DFになった夢?
 
本年度13戦3勝
回収率26%
最高配当額:780円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度4戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度12戦2勝
回収率29%
最高配当額:1,140円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度4戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想

こんばんに、まる松デス。このコラムあんまりガンバルと レースが荒れるようなので、今週から手抜きます、悪しからず!(笑)

早速の本命はナリタトップローデデス。 私まる松はサッカーボーイ大好キーニョでして、 3歳時のきさらぎ賞優勝以来ず〜っと応援し艱難辛苦ともにして来ました。 そしてその過程で痛く思い知ったことがあります.... ほんとにほんとに雨が嫌いなこと(00年天皇賞・秋5着)、 それ以上にほんとに有馬記念が嫌いなこと(99・00・01年全て着外)。 京都は結構好きかもってこと(条件戦からG1まで[3-3-4-0(中止1)])。 ヤネ(騎手)はナベ(渡辺薫彦)じゃなきゃヤダ([0-0-1-1])。 などなど、最後はちょっと余分ですけど(笑)。 以上をふまえて(?)トップロードデス。ま、要は好みってことです(笑)。

好みと言えば、 わが予想スタッフのウンスカ姐さん! 気合のトップロード単勝1点張りです。 この方も並々ならぬ思い入れがあるようです。

対抗はジャンゴーポケット。 おそらく今デビュー以来最高のデキにあるんじゃないでしょうか。 馬体は迫力満点、体重も右肩上がり、追い切りも抜群、 鞍上は武豊!全く言うことなしですね。 では、なぜ本命にしないの?という話になるわけです(笑)。 割引材料はズバリ前走(阪神大賞典)ですね。 休み明けとはいえ、絶好位からの競馬で伸びきれないまま2着。 実は距離が!???と感じました。 適距離は1800〜2600mってとこではないしょうか、 トウカイテイオー的なイメージを強く感じます、個人的に。 ?、ってことは有馬が狙い目?鞍上は田●●貴で?(爆)

そしてマンハッタンカヘ。出走馬中この馬が状態最高じゃないでしょうか。 前走の日経賞では圧倒的1番人気ながら不可解な6着敗退。 でも裏を返せばレースでの消耗が全くないわけですし、 復調上積みは明らかです。昨年の有馬記念のように スローペースから一気の差し切りというケースもアリアリでしょう。 以上、3強まぎれなし!が今週の結論です。
 
第125回 天皇賞(春)(GI)
着順
馬番
馬名
TIME
1
4
マンハッタンカフェ
3:19.5
2
7
ジャングルポケット
クビ
3
5
ナリタトップロード
1/2馬身
 
単勝
4
290円
枠連
4-6
530円
複勝
4
120円
馬連
4-7
540円
  
7
110円
ワイド
4-7
210円
  
5
100円
  
4-5
170円
  
  
5-7
170円
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
ダイス氏◎−▲、馬連540円的中!
まる松氏☆−◎、ワイド170円的中....
空前絶後の3強対決!制したのは昨年のグランプリホース マンハッタンカフェでした!
スタンドが一瞬どよめく絶好のスタート、道中は5番手に下げ ピタリと折り合い、直線は鮮やかに抜け出して突き放す王者の競馬。 まったくロスすることなく完勝。も〜ビックリ、強いッス。
2着はジャングルポケット。道中7番手の絶好位で追走につけるも 時折口を割って行きたがる様子、 これを武豊が見事になだめながら追走。 しかし最後の直線でもなかなか手前を替えずに一苦労。 ところが大外を猛追し、トップロ−ドを交わしてマンハッタンに クビ差まで迫る2着。3200mの右回りはやや土俵が違った感がありますが、 それでもこれだけの競馬を見せるというのは並じゃなくスゴイですね。
3着はナリタトップロード。悲願の盾制覇をかけ3度目の挑戦、 念願の良馬場、ファン(まる松含み)の期待を背負って1番人気。 レースはマンハッタンカフェが抜群のスタートを切ったため、 道中は真ん前にマンハッタン、真後にジャングルが付くという 非常に仕掛け所の難しい位置取り。 しかし鞍上の渡辺騎手はは迷うことなく持ち前のロングスパートを決断。 結果はマンハッタンを捕らえきれず、ジャングルにも差されて 3年連続の3着.....悲願達成はなりませんでした。 しかし己の競馬に徹して能力を出し切った姿はファンとして 非常に満足のいく内容でした。いいレースでした(泣)。
@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。