競馬情報
  
 
2002年3回京都2日( 4月 21日) 11R
第7回 アンタレスステークス(GV)
21日の天気予報:
サラ系4歳以上
1800m ダート・右
(混)(指) オープン
ハンデ
本賞金:4200、 1700、 1100、 630、 420万円
発走15:45
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(市)[地] フジヤマデュラブ
牡 5
52.0
小牧太
曽和直栄
 
 
 
 
 
1
2
(父) エアピエール
牡 6
54.0
江田照男
田村康仁
 
×
 
2
3
キクノグリッター
牡 7
54.0
角田晃一
藤岡範士
 
 
 
 
 
2
4
[地] ブラウンシャトレー
牡 5
55.0
安部幸夫
国光徹
 
 
 
 
 
3
5
アルアラン
牡 6
53.0
藤田伸二
昆貢
 
 
 
 
 
3
6
スターリングローズ
牡 5
57.0
松永幹夫
北橋修二
 
4
7
(父) カチドキリュウ
牡 4
54.0
太宰啓介
柴田光陽
 
 
 
 
 
4
8
リージェントブラフ
牡 6
58.5
藤田伸二
松田博資
 
 
 
 
 
5
9
[地] テンリットル
牡 4
51.0
水野貴史
川嶋弘吉
 
 
 
 
 
5
10
ハギノハイグレイド
牡 6
58.0
武豊
松田国英
 
 
6
11
(市) トーホウダイオー
牡 5
56.0
M.デムーロ
梅内忍
 
 
×
 
6
12
スマートボーイ
牡 7
58.0
伊藤直人
伊藤圭三
 
 
7
13
(市) タガノフォーティ
牡 4
56.0
河内洋
橋本寿正
 
7
14
(市) カネトシオペラクン
牡 5
54.0
池添謙一
橋本寿正
 
 
7
15
(父) ワンモアマイライン
牡 4
53.0
石橋守
渡辺栄
 
 
 
 
 
8
16
(外) マンボツイスト
牡 7
58.0
安藤勝己
古川平
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度16戦2勝
回収率13%
最高配当額:780円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「オーウェン速っ、速いっ!!!!」と言ってる。
DFになった夢?
 
本年度12戦2勝
回収率24%
最高配当額:780円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度3戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度11戦2勝
回収率30%
最高配当額:1,140円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度3戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想
こんばんわ、まる書いて松です。 G1シーズンに突入し、このコラムもいつもより数倍力を入れて 予想・分析に励んでおったのですが、そのせいか(?) とんでもないレベルの激荒れ決着が続いております(笑)。 今週の日曜日は東西で重賞レースが行われ、 東ではGUフローラS(3歳牝馬限定)があるわけですが、 私はあえて西のGVアンタレスSをチョイスしました。 理由?・・・・もう3歳馬の予想はしたくねーです! 久々にダートレースで癒されたいんです!!(笑)
さて今週の本命馬ですが、スターリングローズとしました。 非常に早くから素質を評価されていた馬なのですが、 意外にも前走のコーラルSが初のオープン勝ち。 去年までは、準オープンで勝って オープンクラスでは人気を背負って負けるというレースが続いていました。 ところが、そのコーラルSは休み明けながらも非常に強い内容で 優勝。その最大の勝因は馬体重にあるようです。 4歳時に494〜512kgで出走し[3-6-1-5]。大した戦績ではないように 感じますが、ダート戦に限定してみると[3-4-0-1]。 唯一の5着は新馬戦のみ、とほぼ完璧の内容です。 ところが5歳時には520〜532kgで出走し[3-1-1-3]。 この3勝はすべて準オープンでの勝鞍で、うち芝で1戦1勝でした。 そして6歳初戦の前走コーラルSは-10kgの514kgで出走し、内容は完勝。 馬体が絞れたのは、休養によって悪かった蹄が良化し 思い通りの調教が出来るようになったからということ。 この馬体が維持できていれば、重賞初制覇も問題ないでしょう。
対抗はスマートボーイを推します。本来なら本命視したい馬です。 ハナを切って逃げれば非常に粘り強く、少々のハイペースでも なかなかバテません。しかも今回は他に逃げ馬が不在ですので、 単騎の逃げが見込めます。ただ今回このレースの3連覇が かかっており、有力馬はこの馬を目標にレースを進めることでしょう。 加えてレース当日は雨予報です。 濡れたダートは脚抜けが良くなり、後続馬に有利な馬場状態となります。 こうした点を割り引いての対抗評価ですね。 あとは絶好調デムーロ騎乗のトーホウダイオー、 堅実さに安勝が加わるマンボツイスト、 武豊がいきなり?のハギノハイグレイドまでが相手です。
 
第7回 アンタレスステークス(GV)
着順
馬番
馬名
TIME
1
10
ハギノハイグレイド
1:48.7
2
5
アルアラン
1 3/4馬身
3
15
ワンモアマイライン
1 1/2馬身
 
単勝
10
6290円
枠連
3-5
1,420円
複勝
10
230円
馬連
5-10
30,050円
  
5
1,680円
ワイド
5-10
6,150円
  
15
810円
  
10-15
3,070円
  
  
5-15
13,820円
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
tapスタッフ的中なし・・・・
3番人気ハギノハイグレイドが実に鮮やかな差し切り勝ち! 鞍上は骨折休養明けの武豊、 復帰していきなりデス!!
復帰初日の土曜日は2着が1回といまひとつでしたが、 日曜日はこのレースまでにすでに3勝を上げて貫禄の完全復活。 このレースでも激しい先行争いを尻目に悠々の後方待機。 直線へ向いて馬群から一気に外へ持ち出すと、 目の醒めるような末脚を繰り出しての快勝でした。 2着には13番人気のアルアランが先行策から粘り込んで、 馬連30,050円の大波乱。 3着には最後方から突っ込んできたワンモアマイラインが入線し、 2着−3着のワイドがこれまた13,820円の高配当。 最近のtap予想レースはなぜここまで荒れるのでしょう?
@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。