競馬情報
  
 
2002年2回中山8日(4月14日) 11R
第62回 皐月賞(GI)
14日の天気予報:
サラ系3歳
2000m 芝・右
牡・牝(指) オープン
定量
本賞金:9700、 3900、 2400、 1500、 970万円
発走15:40
馬名
性齢
負担重量
騎手
調教師
1
1
(父)(市) バランスオブゲーム
牡 3
57.0
田中勝春
宗像義忠
 
 
 
 
1
2
ノーリーズン
牡 3
57.0
B.ドイル
池江泰郎
 
 
 
 
 
2
3
サスガ
牡 3
57.0
安藤勝己
藤沢和雄
 
 
 
 
2
4
(父)(市) メガスターダム
牡 3
57.0
松永幹夫
山本正司
 
 
 
 
 
3
5
(父) メジロマイヤー
牡 3
57.0
中舘英二
田島良保
 
 
 
 
3
6
シゲルゴッドハンド
牡 3
57.0
柴田善臣
坪憲章
 
 
 
×
 
4
7
(父) ダイタクフラッグ
牡 3
57.0
江田照男
鹿戸明
 
 
 
 
 
4
8
アドマイヤドン
牡 3
57.0
藤田伸二
松田博資
 
 
 
 
5
9
(市) タイガーカフェ
牡 3
57.0
M.デムーロ
小島太
 
×
 
5
10
(父) ローマンエンパイア
牡 3
57.0
武幸四郎
古川平
6
11
タニノギムレット
牡 3
57.0
四位洋文
松田国英
6
12
モノポライザー
牡 3
57.0
後藤浩輝
橋口弘次郎
 
 
7
13
(父)(市) ゼンノカルナック
牡 3
57.0
福永祐一
北橋修二
 
 
 
 
 
7
14
(父) ホーマンウイナー
牡 3
57.0
幸英明
安田隆行
 
 
 
 
 
7
15
(地) ヤマノブリザード
牡 3
57.0
岡部幸雄
藤沢和雄
 
 
8
16
(父) ファストタテヤマ
牡 3
57.0
安田康彦
安田伊佐夫
 
 
 
 
 
8
17
(市) マイネルリバティー
牡 3
57.0
梶晃啓
稲葉隆一
 
 
 
 
 
8
18
チアズシュタルク
牡 3
57.0
蛯名正義
山内研二
 
 
 
 
逃げ馬の取捨が予想の要〜♪
まる松
競馬歴8年
当競馬コーナーのリーダー
全く当たらない予想が
結構ステキ♪
つっか、それダメじゃん!!
無類の逃げ馬好きで、 『人気薄の逃げ馬』の真理を 追い求めている。
口癖は「ぶっちぎり最高」
 
本年度14戦2勝
回収率15%
最高配当額:780円
昨年度回収率0
 
 
和田竜二鼻高いって!マジ高いって!!
ダイス
競馬歴3年
クロフネForeverLove!
まる松の全弟にして、 ツボをおさえた穴予想が持ち味。 好配当に最も近い存在か!?
よく寝言で「オーウェン速っ、速いっ!!!!」と言ってる。
DFになった夢?
 
本年度11戦2勝
回収率26%
最高配当額:780円
昨年度回収率35%
 
 
先輩!回収率0%は避けたいッス!
たかQ
競馬歴?年
まる松を師(マスター)と
仰ぐ忠実な弟子。
どんな指示であっても、 「イエス、マイマスター」
馬券の方向は激堅か激荒れの両極端。 しかし激荒れ馬券は当たらない。 まる松との究極のコンビ打ちの行方は?
本年度2戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
馬券をとれなくてもとれるものってなんでしょう?
オガQ
競馬歴6年
まる松の10年来の友人。
しかしながら馬券の趣向は対局的で、 無類の長距離巧者。
彼の誕生日「7−9」馬券は かなりの的中率を誇るらしい?
 
 
本年度10戦2勝
回収率34%
最高配当額:1,140円
昨年度回収率---%
 
 
ワイドで中穴狙いの今日この頃
ウンスカ姐さん
競馬歴6年
GG厩舎所属で『飲む・打つ・書く!』にイレ込む牝馬。 パドック派が当日の馬体も見ずにする予想は、果たして・・・?!
観戦歴が長すぎたせいか、勝つことより、見てアツクなれる 思い入れ&心中馬券を好む。
本年度2戦0勝
回収率0%
最高配当額:----円
昨年度回収率---%
 
 
予想スタッフチームリーダーまる松君のビックリドッキリ予想
こんばんわ、まる書いて松ことまる松です。
さて、今週は牡馬クラシック第一弾!皐月賞ですね。 先週の桜花賞は「本命馬不在の大混戦」 =難解でしたが、 この皐月賞は「逸材揃いの大激戦」 =難解なわけです(笑)。 例年でしたら1番人気を張れる馬が5頭いるわけで、 非常にハイレベルなレースが展開されるでしょう。 そこで先週に引き続き<意外にも好評?!でしたので、 ここ10年間のレース傾向を整理しながら攻めていきましょう。

@前走成績
桜花賞と同じく前走で掲示板(5着以内) を外している馬はほぼ連対しません。 唯一の例外は、1999年テイエムオペラオーの2着だった オースミブライト (スプリングS7着、不良馬場が敗因)。
またトライアルレースでは若葉S組有利とよく言われますが、 阪神開催に変わった過去2年は大不振。 一方で4年年続連対馬を輩出中なのが 弥生賞組です。

A距離実績
2000m戦で連対実績 のある馬が80%、 2000m未経験で重賞勝ち のある馬が20%となっています。 つまり「重賞勝ちがなく、2000mで連対してない馬」 は全く消しなんです。 ちょっとひねって「重賞勝ってても、2000mで連対できなかった馬」 も消しなんです。 ドン ドン消しましょう(笑)。

Bキャリア
1勝馬あるいは10戦以上消化した馬の連対例はありません。 使ってきた馬の最多はあのナリタブライアン(皐月賞まで9戦6勝)。 消しましょう(爆)。

C中山コース
コーナーで不利を受けやすいため、先行力のある馬が良い実績を残しています。 ところが、今年は1月が東京競馬場での開催だったため2月下旬からの開催。 これによって例年とは全く異なる 超高速馬場が出現してます。 加えて枠順。先行有力馬が内枠へ、 差し有力馬が中から外へズラリと並ぶ極端な配列となりました。 おそらくレース序盤から熾烈な先行争いとなり 馬群はばらけて縦長に展開、となれば差し馬にやや有利ですか? いずれにしても速い時計への対応とラストの決め手が鍵を握りそうです。

以上を踏まえまして、私まる松の推奨馬は・・・・・・
モノポライザーです!! その理由は・・・モノが違うから! 新馬戦から決めてたから!<今までの分析はなんだったのでしょう?(笑)
追い切りを見た方はお分かりでしょうが、 沈み込むようなフォームからもの凄いフットワークで坂路を駆け上がり、 「これで負けたら騎手(後藤?!!)のせい(笑)」(by武豊)と言わしめる 迫力満点の追い切りでした。載せてるエンジンが違います。 弥生賞は熱発で回避してますが、これを使わなかったのは むしろプラス材料と言える好仕上がりです。 皐月賞馬はこの馬で間違いありません。

対抗にはローマンエンパイアを推します。
前述のポイントを完璧に満たしており、 追い切り、望み通りの絶好枠、 いずれも文句のつけようがない皐月賞馬候補(笑)です。 前走初めて負けましたが、 完全な前残りの競馬を最後方から突っ込んでの2着。 どんな展開でも炸裂する強烈な末脚への魅力とともに 鞍上(幸四郎)に若干の不安を覚えました(笑)。 ついでタニノギムレット。今回の1番人気はこの馬でしょうね、 まさにTOPof1番人気(笑)。 今年すでに重賞3連勝していずれも圧巻の内容、 強いて言えばこの連戦による消耗を不安に感じますね。 あくまで強いて言えばです…四位て言えば不安???(笑)

いずれにしてもこの3頭で決まるレースでしょう。 しかしどの馬も切れ味が身上なタイプなわけで、 ただ1点紛れがあるとすれば先行馬の粘り込み。 内枠にずらりと有力先行馬がいるわけですが、 中でも最内のバランスオブゲームが要注意だと思います。 前走の弥生賞が超スローペースでの逃げ切りだったために 盲点となってますが、 デビュー後の2連勝はいずれも 改修されたてで超高速馬場だった新潟競馬場で挙げたものです。 今の中山の馬場が最も適した1頭と言えます。 あとは時事ネタもどきですが、今年の (タイガー?)は強いらしいね。
 
第62回 桜花賞(GI)
着順
馬番
馬名
TIME
1
2
ノーリーズン
1:58.5
2
9
タイガーカフェ
1 3/4馬身
3
11
タニノギムレット
ハナ
 
単勝
2
11,590円
枠連
1-5
2,040円
複勝
2
1,970円
馬連
2-9
53,090円
  
9
450円
ワイド
2-9
10,450円
  
11
130円
  
2-11
5,050円
  
  
9-11
1,180円
※レース結果につきましては公式結果をご参照ください
tapスタッフ的中なし・・・・つっか当たるかい!
なんとなんとなんとなんと単勝15番人気のノーリーズンが優勝!! 先週に引き続き、っていうか先週以上の大波乱です。
先行勢が内枠に集中していたために激しい先行争いが予想されていましたが、 メジロマイヤーがハナを切るとすんなり隊列が決まって平均ペースで展開。 勝ったノーリーズンは中団待機から3コーナー過ぎて徐々に進出、 直線で一気に抜け出しそのままゴールイン。 単勝式は11,590円で万馬券! 勝ちタイムの1分58秒5はあのナリタブライアンの勝ちタイムを 上回る皐月賞レコード
2着には先行策から粘りに粘った8番人気タイガーカフェが入り、 ついた馬連はなんと53,090円! 1番人気に推されていたタニノギムレットが後方待機から 驚異的な(次元が違う!!)末脚を繰り出すもハナ差で3着。 5強といわれ大激戦が期待されていたクラシック第1弾でしたが、 掲示板に載ったのはこのタニノギムレットただ1頭という結果でした。
@2001 Copyright TAP. Allrights reserved.
  e-mail: tap@tap-com.jp
  http://www.tap-com.jp

当サイト上のニュースの内容・リンク先の内容は、当サイト管理者の見解を表すものではありません。
また、サイト上で誤り等ございましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。